ED治療薬の仕組みとプレロックスの方が良い点

同じようで全く違うED治療薬とプレロックス

エディケア(プレロックス)とED治療薬ではどのような違いが有るのでしょうか?
それを知る上でも、まずは、ED治療薬が勃起を促すメカニズムから確認しておきたいと思います。


▼勃起に至るまで

男性の性的興奮に応じて脳から神経を介して一酸化窒素が放出される。
すると、ペニス内にcGMP(環状グアノシン一リン酸)という血管拡張物質が増える。
血管が広がり血液内に流れ込み、勃起を促す。


これが、勃起までの仕組みですよね。
でも、このままでは、勃起が収まらない。

そんな状態で外を歩いたり、歯医者で歯科助手の胸が当たった時はエライこっちゃです!


▼勃起が収まるまで

PDE5(ホスホジエステラーゼ5番)という酵素を増やす。
PDE5の働きでcGMPを壊す。
血管拡張物質(cGMP)が減る事で正常サイズへと戻る。


これが増える事で結果的に血管拡張要因(cGMP)が減るので勃起が収まるという仕組みです。

ED治療薬は、この勃起を抑えるPDE5を意図的に阻害して勃起状態を維持するという薬。
cGMPが壊れないので勃起状態を楽に維持出来るという事です。こう考えると結構単純な仕組みの薬なんだなと言えます。

それに、勃起自体をコントロールするというよりは勃起が早く収まってしまわないようにする阻害薬なので、継続出来ているというより継続させられているという感じがしなくもありません。

対して、エディケアの特許成分であるプレロックスは、一酸化窒素を増やす材料であるアルギニン、および、アルギニンの働きをサポートするピクノジェノールを配合しているサプリメントです。なので、ED治療薬のような即効性はありません。

即効性のED治療薬。
一酸化窒素を増やす材料をサプリメントで摂取するプレロックス。

でも、プレロックスは、性的興奮によって分泌される一酸化窒素を増やすので興奮が収まっても勃起は維持されてしまう恐れのあるED治療薬のような作用も無い。そもそもが年齢とともに不足してしまった一酸化窒素をサプリメントで摂取する方法なのでより自然な状態での勃起が期待できます。

それに、ED治療薬の副作用として頭痛や腹痛が有ったり、バイアグラのようにお酒や食事の影響を受けたりする事も有りません。シアリスは、下手すれば一日半も効果が持続するなんて言われていますが、エディケアは、あくまでもサプリメントなのでそんな心配も要りません。

その上、ED治療薬は一錠で千円以上という高価な代物。
保険適用する事も無く、需要が高い事で生じている偽造品の問題も注意しなくてはなりません。

こうして比べてみると、多少時間が必要でも結果的に満足いくのは、どちらかと考えれば、より自然に精力アップできれば、それに越したことは無い気がします。